女性

振袖はレンタルで用意しましょう|輝く思い出を作る

気軽に着用できる物も

和装

和服は、日本の昔ながらの伝統的な衣類です。お正月や結婚式、冠婚葬祭の時には和服を着用する人もいますが、現代社会ではほとんどの人がそれ以外では着る機会がないと言えます。和服には着物、浴衣などがあります。着物の中には振袖、留袖、男性用の紋付袴など、色々な種類があります。和服を着る際には下着や小物類も和服専用のものが必要です。長襦袢などはその代表的なものです。また、男女共に足袋と草履、場合によっては下駄などを履くのが一般的です。和服は着付けの手順があり、自分で着用するにはそれなりの練習が必要です。着付けの専門家にお願いしたり、自分で着付けを習わないと着ることが難しいのも洋服と大きく異なる特徴と言えます。

和服は自分で着るのは難しい上に、保管や管理が難しいのも特徴です。そのため、自宅に保管していても、着用することでクリーニングなどの手間が掛かってしまい、着ることを躊躇する人も多いでしょう。しかし、近年では管理が簡単にできる素材の和服も発売されていて人気になっています。特にゆかたは自分で洗濯してもシワになりにくく、保管も難しくない素材で作られているものが発売されていて注目されています。価格もリーズナブルな場合が多いので、特に若い人が盆踊りなどで気軽に身に付けています。毎年買い換えたとしても、お財布が痛くならない価格のものもあるので、その年のトレンドの柄やカラーのゆかたを購入して楽しむこともできます。